teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


放射線の影響

 投稿者:ひでっちゃん  投稿日:2011年 4月 1日(金)07時06分15秒
返信・引用
  大学で放射線学の研究・教育されている同期の友人が、同期生(関東地区)のメーリングリストに投稿されたメールを転記しています。

(1)3月16日
福島第一原発は深刻です。
チェルノブイリのような核分裂による爆発はないと思いますが、核燃料が溶融してかなりの放射性物質が外に漏れているように思えます。
今日午後の朝日新聞の記事では、福島県は住民の汚染除去の対象を13,000cpmから10万cpmに上げると報じています。
携帯用の放射線測定器で住民の頭を調べている映像がTVに映っていましたが、これは表面汚染密度というものを測っています。
表面にどれだけ放射性物質が付いているかということです。
法律では、放射性物質を扱う施設の外、一般の人が生活するところでは1平方センチあたり4ベクレルが限度となっています。
1ベクレルは1秒間に放射線が1本でているという意味です。また通常は100平方センチの範囲を調べることになっていますから、400ベクレル。つまり1分間に24,000本の放射線ということになります。
測定器はこれをすべて検出することはできません。でている放射線の50%を測定できている(これを測定効率といいます)ということにして、12,000ないしは13,000としていたのだと思います(でている全放射線量に測定効率をかけたのがカウントcountです。cpmという単位はcount(s) per minute、つまり1分間のカウント数という意味です)。
映像で見るような検査では測定効率はせいぜい10%、もっと低いかもしれません。
まあそれは良しとしても、10万cpmに引き上げるということは、放射性同位元素を使って実験をしているところ、「管理区域」、と同じということになります。管理区域は法律で、一般の10倍、1平方センチあたり40ベクレルが限度です。
管理区域からでるときは4ベクレル以下でないと出られないとことになっています。
40ベクレルの汚染でも、身体にすぐに異常が出るということはありませんが(研究者はこの環境下でも実験するということです)、「管理区域」の基準を適用せざるを得ないということは、かなりの放射性物質が漏れていると考えざるを得ません。拡散したものが表面に付いてこれだけの汚染ということですから。
アメリカのスリーマイルアイランドの原発事故を越える事故と考えられます。

もう一方の発表で、1時間あたり1,000マイクロシーベルトを越えたという発表があります。これは被ばく線量の単位です。
1,000マイクロシーベルトは1ミリシーベルトです。一般の人の限度は1年間で1ミリシーベルトです。放射性同位元素で実験しているものは1年間50ミリシーベルトです。
50ミリシーベルト被ばくしても血液検査、健康診断ではなにも異常は出てきません。
参考に、人の50%致死線量は4シーベルト、4,000ミリシーベルト。
血液検査で白血球の減少が出るのが500ミリシーベルトです。
胸部エックス線間接撮影、健康診断でする肺のレントゲン撮影での腹部あたりの被ばくが1回あたり10ミリシーベルト程度です(最近はもっと少ないかもしれません)。
ふつうに生活していても宇宙線その他で浴びる量は年間1ミリシーベルトです。そういう環境で我々は代々暮らしています。
さらに参考までに。人間一人から1分間に数1000本のガンマ線が出ています。これはカリウム40という放射性同位元素からのものです。カリウムは大事な元素で体内に多量にありますがそのうちの0.0117%はガンマ線を出すカリウム40です。
地球上に生まれている限りこのパーセントは誰でも同じです。

(2)3月17日
福島第一原発が落ち着くのを祈るしかありません。
東京電力、原子力保安院、官房長官の記者会見を見るにつけ、国民にわかる発表は一切していないという印象です。
何を聞いても今どうなっているのかわかりません。皆さんはわかりますか。

昨日書きましたが、福島県が除染の基準を引き上げたという記事。
この記事から考えると、20km以内の土地の汚染はかなりのものと考えられます。
かなりなものというのは、きのう書いた「管理区域」の上限、つまり通常だと一般の人は立ち入り禁止、表面の土をはぎ取るはずのレベルということです。
今は外部のものは入れませんし、表面汚染を測定しているはずもないでしょう。
原発が落ち着いてもしばらくは、20km圏内は立ち入り禁止で、放射能の減衰、降雨による洗い流しを待つしかないと思います。
落ち着いたら家に帰せという声が大きくなりますから、如何に立ち入り禁止を長引かせるか思案中のはずです。

千葉にある放射線医学総合研究所の人体影響の専門家が一切マスコミに登場しないのは、どこからかの圧力でマスコミとの接触を禁止されているからと勘ぐりたくなります。
いま出ているのは工学関係者ばかりで、工学分野から見ると汚染の程度はトレーサーレベルということでしょうが、医学生物学から見るとほっておける汚染ではありません。

マスコミを上げてマイクロシーベルト、ミリシーベルトのオンパレードです。しかしごまかされないようにして下さい。
原発のモニタリングポストの値が1ミリシーベルトというのは1時間あたりです。10時間だと10ミリシーベルト、4日続くと100ミリシーベルトということです。
ふつうに暮らしていても1年間に2.4ミリシーベルト浴びているというのは1年間の積算、合計がということです。
いま原発の周辺のどこそこで30マイクロシーベルトつまり0.03ミリシーベルトで、ふつうに暮らして浴びる量の100分の1というのはごまかしです。
0.03ミリシーベルトが4日続けば3ミリシーベルトということです。

人体のうちで放射線に弱いのは骨髄です。骨髄に影響があると白血球数の減少となります。
白血球数の減少が現れるのは500ミリシーベルト(積算)といわれています。
直ちに人体に影響が出る被ばくではないないと連呼していますが、人体に影響が出るかもしれないという事態になるということは全員が病院に入るということです。 500ミリシーベルトに近づかない限り安全だと言い続けるつもりでしょうか。 胎児はもっと低い被ばく量、100-200ミリシーベルトで影響が出ると考えられています。 また、発ガンはいくら被ばくが少なくても、被ばく量に比例して発ガン率が上がると考えられています。 倍加線量という言葉がありますが、これは自然の発ガン率の2倍の発ガン率にする線量のことで、約1シーベルトと考えられます。 日本では年間30万人の人が癌で亡くなっていますから、全員積算1ミリシーベルト被ばくすると1シーベルトの1000分の1ですから300人が新たに癌で亡くなるという計算です。これはあくまで仮定で、こうはならないという研究者もたくさんいます。 放射線が原因の癌は、癌組織をいくら調べてもそれが放射線のせいかどうかはまず明らかにできません。 癌の原因追及は至難の業です。 以上2日に渡り、放射線の影響についての説明をいただきました。

http://wave.ap.teacup.com/ccn01/

 
 

Re: 新年おめでとう

 投稿者:ひでっちゃん  投稿日:2011年 1月 4日(火)11時24分2秒
返信・引用 編集済
  > No.27[元記事へ]

明けましておめでとう御座います。
と、最初に書かなければならないのに、掲示板を忘れていました。

Mizuさん、こちらこそ、本年も宜しくお願いします。

笠岡へ帰り、近くの道通神社へ初詣に行きましたが、京都ほどではありませんが結構多くの人が来られていました。多いと云っても京都の1/100位の人数かな?

雪とノロで大変な年末だったそうですが、小生も28日ノロではないですが風のウイルスがおなかに入り、38.2℃の熱と下痢、嘔吐気味(実際には無い)で一晩苦しみましたが、翌日には元に戻っていました。

http://wave.ap.teacup.com/ccn01/

 

新年おめでとう

 投稿者:Mizu  投稿日:2011年 1月 2日(日)21時54分7秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

1日に石清水八幡宮へ初詣に行ったところ、たくさんの人でなかなか本殿まで進めませんでした。毎年あまり混まない所へ行くのに、今年はここへ行こうと夫が言うので行ったのですが、よくもこんな所へ行こうといったなぁと言ったら、これも経験だ、これも修行だ、と落ち着き払って言ってました。(^^;)

http://www.geocities.jp/mizu69room/

 

六甲山ロックガーデン

 投稿者:ひでっちゃん  投稿日:2010年11月16日(火)07時25分38秒
返信・引用
  11月13日に、所属するNPO法人「兵庫県砂防ボランティア協会」の現地研修会で、阪急芦屋川駅~高座の滝~六甲山ロックガーデン~風吹岩~金鳥山~保久良神社~阪急岡本駅のコースを歩いてきました。
高座の滝~風吹岩までは土曜日のせいか大渋滞で、楽に上れました。
↓写真は風吹岩手前から見たロックガーデンです。

http://wave.ap.teacup.com/ccn01/

 

更新遅れ

 投稿者:ひでっちゃん  投稿日:2010年10月17日(日)06時26分48秒
返信・引用
  またまた、更新が滞ってますが、九州の後、北海道の十勝の温泉に行ってきました。その内1箇所は「日本秘湯を守る会」の会員宿です。地道を5km以上走ってたどり着きました。

これも、その内にアップします。

写真は「イヌタデ」です。名前が判らず「野草」で片付けていましたが、先日の朝日新聞にスケッチが載ってて知りました。

http://wave.ap.teacup.com/ccn01/

 

九州の秘湯巡り

 投稿者:ひでっちゃん  投稿日:2010年 9月19日(日)10時41分5秒
返信・引用
   「日本秘湯を守る会」の九州の会員宿3軒を廻った秘湯巡り、2軒のアップが終わりました。

 「日本秘湯を守る会」(朝日旅行)の会員宿に1泊すると、スタンプ帳にその宿のスタンプを1つ(原則)押していただけます。
 そのスタンプ帳は10のスタンプが押せるようになっており、10のスタンプをGETすると、押してあるスタンプの宿の中の1軒に無料で泊まれる(ご招待される)ことになります。
 スタンプ帳は、会員宿で無料でいただけます。

 今3冊目に挑戦中です。

 詳しくは「日本の秘湯を守る会」のHPから、どうぞ…

  http://www.hitou.or.jp/

http://wave.ap.teacup.com/ccn01/

 

砂防ボランティア

 投稿者:ひでっちゃん  投稿日:2010年 9月18日(土)07時53分45秒
返信・引用
  NPO法人「兵庫県砂防ボランティア協会」の事務局を引き受け、結構忙しく動いています。

10月から、国交省六甲砂防事務所の小学生相手の「どんぐりプログラム」の支援(手伝い)が始まります。

http://wave.ap.teacup.com/ccn01/

 

玉筋魚?

 投稿者:Mizu  投稿日:2010年 3月19日(金)10時38分41秒
返信・引用
  朝の巡回中にここの掲示板の新投稿を見つけて、思わず書き込みます。
だって、題名の「玉筋魚」って何だろう?と思ったら、
イカナゴのこと漢字では「玉筋魚」と書くんですね、初めて知りました。
成魚を「フルセ(古背)」というのも初めて知りました。
「メロウド(女郎人)」とも言うとか。ふふ、検索しました。
新子というのは分かりますが、古瀬にしろ女郎人にしろ想像できませんねぇ。(^^;)

http://www.geocities.jp/mizu69room/

 

玉筋魚

 投稿者:ひでっちゃん  投稿日:2010年 3月19日(金)09時41分1秒
返信・引用
  3月12日に「イカナゴの釘煮」をアップした後、3kgを追加で炊きあげました。

昨年は不漁でしたが、今年は結構良いようです。

「釘煮」はシンコ:新仔を使いますが、イカナゴの成魚(ふるせ:2年目?)を初めて煮てみました。これも美味しいです。(釘煮より良いかも…。)
「ふるせ」を煮た汁がたくさん残ってますので、「ふるせ」がまた有れば追加で煮たいと思ってますが…。

イカナゴが終わればいよいよ春到来です。

http://wave.ap.teacup.com/ccn01/

 

四国ドライブ

 投稿者:ひでっちゃん  投稿日:2010年 3月 2日(火)09時20分45秒
返信・引用
  3月の最初の日、淡路島の洲本総合庁舎へ行く用事があり、足を延ばし鳴門海峡を渡って来ました。

屋島台の入り口にある「骨付鳥 鶴一」屋島店で、雛鶏のもも肉にかぶりつきましたが、スパイスがよく効いており、美味しかったですよ。ビールが飲めれば最高だったのですが、運転があるのでお預けです。
帰りに、高松道の「津田松原SA」の食堂で食べたセルフうどんも美味しかったです。

鳴門北ICでいったん下り、料亭青柳がつくったという「ホテルリッジ」を覗きに行っていました。ホテルの先に「青柳」の看板が出ていましたので、徳島からこちらに引っ越したのかもしれませんね。

http://wave.ap.teacup.com/ccn01/

 

レンタル掲示板
/3