teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ニャさんのオーディオ掲示板(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/728 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

測定器の校正(2)

 投稿者:ニャ  投稿日:2018年 3月20日(火)10時35分3秒
  通報 返信・引用 編集済
  アナログテスター、EM3000とT50Bの校正をしたDC指示は1%以下と頗る
良好であった。
AC指示はF=60Hzで3%位の精度でスペック内でまずまずであった。
まあ通常の使用ではAC電圧は確認程度で普段は殆ど使用しないので問題
無しである。

処でAPのSYS2522Aの販売期間がSYS2322Aよりものは短かったのはAD
コンバータの信頼性に問題を感じたからではないかと推測する。
昔、社長だったMr Hofferと会談をした時にCS6396は余りに熱くなるの
で火傷をした事があると云う話した時にあれは問題だと言っていた様に
思う。
この会話の後日に之をディスコンにしてSYS2722A(カスケードプラス)
を発表している様なのでAP社としても気にしていたのではないかと思
っている。
亦ディスコンが早まったのはAK社がAK5394Aを発表して性能的にも優
れていたので直ぐにSYS2722A(カスケードプラス)として製品化になっ
たのだろうと推測している。
修理の時に代替え機としてSYS2722Aを1ヶ月程借りていた事が有るが、
若干アナログ部の性能もアップされた様である。

以下の写真は今回校正チェックしたアナログテスター群である。
全てFS(フルスケール)が1.2、3.0レンジの物である。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/728 《前のページ | 次のページ》
/728