teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


日食をみたよ!

 投稿者:放課後子ども教室すなかぎ教室  投稿日:2009年 7月26日(日)14時48分15秒
  宮古島で日食を見ました!
気温が下がって暗くなったのでびっくり。
手作りの太陽投影盤が大活躍しました。
日食を見て楽しかったです。(大浦龍之介)
どんどんかわっていったのがすごかった!(下地夏輝)
日食がきれいだった(大浦圭太)
 
 

同じ船上からです

 投稿者:野村敏郎  投稿日:2009年 7月26日(日)06時21分45秒
  福原君に続いてアップします。
生徒への暑中見舞い用に作ったものですが。

俯いてノートパソコンに向かっていると、視野が船揺れし出します。
21年前も、これが1週間くらい続いた記憶が・・・
 

北硫黄島沖から

 投稿者:福原直人  投稿日:2009年 7月25日(土)23時38分27秒
  兵庫県立大学の「日食観測アカデミック・ツーリズム・プログラム」に参加し、北硫黄島沖で観測しました。
見事な皆既日食の観測に成功しました。
ホームビデオの動画から起こした、第二接触のダイヤモンドリングです。
 

部分日食観察会にて

 投稿者:村松利一メール  投稿日:2009年 7月25日(土)22時53分23秒
   福島県の霊山こどもの村で行われた部分日食観察会に参加してきました。
 朝も小雨が降ったりのお天気でそのあとも曇り空の為、参加者は予定よりも少なくなってしまったようです。
 室内で日食についてのお話しをしたあとにみんなで曇り空を見上げて、何とか見えないかなと思っていたところ、子供達の願いが天に届いたのか11時30分頃になってようやく上空の霧の中から下側が黒く欠けた太陽が姿を見せてくれました。
 日食が起こっていることは知っていても、実際にその姿を見た瞬間にはやはりドキッとしますね。
 見えてきたということで室内に残っていた人や職員にも慌てて呼んで見てもらいました。
 今回は上空の霧のおかげで欠けた太陽の姿が肉眼でも眩しくない状態で観察できました。
 

悪石島上空45000ftの皆既日食

 投稿者:星望雨読メール  投稿日:2009年 7月25日(土)19時34分39秒
  熊本空港から飛んだチャーター機で、悪石島付近の上空45,000ft(13,500m)で視ることが出来ました。
還暦過ぎの小生にとっては良い冥土の土産が出来ました(笑)。
詳細は小生のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/shijinan/e/bef686d77843953a3f2c400ada0860c9

写真の右端下に星(?)らしきものが写っていますが・・・?
 

杭州 西湖からの皆既日食

 投稿者:しげちゃん  投稿日:2009年 7月25日(土)00時05分45秒
  雨予報の上海かた前日に杭州西湖に移動しました。ツアーには入っていないので自由に移動。上海南駅かた新幹線で1時間強で杭州でした。朝から曇りでしたがひるます、西湖の北西岸へ移動し機材セット。最初は薄曇りでしたが、半分くらいから晴れになり完全に皆既を観測できました。前日の雨予報の上海から杭州に移動できた人は、今回の皆既をみれたのでしょう。今はまだ中国にいますので日本に帰ってからHPにアップします。
真っ暗で金星の輝きと観測ジェットが思い出です。
 

部分食用ツール

 投稿者:永井@仙台天文同好会メール  投稿日:2009年 7月25日(土)00時00分49秒
  有り余る部分食の時間帯に木漏れ日の代りになるツールで撮影を・と言う事で作成し中国遠征に持参したのが写真のツールです。 皆既の前後で撮影し、欠けた太陽の形の違いを写そうと思ってのものでした。

黒画用紙に画鋲で穴あけした労作だったんですが・・・ 当日の生憎のお天気で、部分食は殆ど見れず仕舞いでしたから、役に立つ事は無い? と思いきや・・・

残念だな~と取り出したのを見た同行の数名が、する事も無い退屈さからか? 面白がって
曇り空に掲げ、写真を撮り始めたでは有りませんか!

自分的には役に立たなかったし、部分食の光を直接通す事も叶いませんでしたが、役割は違えども数名のカメラに収まった事は嬉しい限りで報われた気持ちになりました。

前に投稿しましたが、皆既中の黒い太陽は見られましたし撮影も出来た事を申し添えます。
 

豊田市での日食

 投稿者:ゆちんメール  投稿日:2009年 7月24日(金)21時55分9秒
  食のはじめ頃にはまだわりと見えててさて望遠鏡の投影板セットしたので写真でも撮ろうかと思ったら急に雲が押し寄せてそちらはぜんぜんだめだったけど食の最大の頃にダメ元で手持ちのデジカメで直接空に向けて撮ったらなんとか写ってくれました。
 

雲を通して・・・

 投稿者:永井メール  投稿日:2009年 7月24日(金)18時53分9秒
編集済
  機材セッティングの段階ではドン曇、欠け始める前には雨まで降って来る有様。
心配していた予報通りとなりました。 雨から一端機材を非難させ、TVで放映している中国国内の日食状況を見ている内に雨が上がり、皆既直前の線状の光は見られたものの第二接触は見られず、第三接触のダイアモンドリングも駄目でした。 でも、暗くなった中で黒い太陽(実は新月)が見られ、撮れた事は、絶望的な状況の中、望外の喜び・となりました。

コロナの広がりも見られず残念でしたが、中国まで遠征して何も見る事の出来なかった観測地が有った事を知るに付け、落胆の度合いは軽めに変化して行くのでした(笑)

今回の観測地は浙江省・海寧市の尖山ゴルフ場でしたが、雨の時にも素早く屋根の下に避難出来、止んだらまた出す・が容易に出来た事が撮影には功を奏したと思われます。

皆既中、金星が光っているのが印象的でした。 皆既中の暗さ加減も、3年前のトルコに比べより暗かったのは雲が厚かったから? 皆既の継続が長かったから? 両方? 不思議!
 

中国・安吉での皆既日食

 投稿者:友田@茨城  投稿日:2009年 7月24日(金)14時02分59秒
編集済
  中国の安吉(杭州の近く)に福島県滝根の天文台長の大野氏のツアーで行ってきました。
そうぜい180名ぐらい・・・とか?
なかなか微妙な空模様でしたが、第1接触から第4接触まで見ることができました。
 

レンタル掲示板
/6