teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ニャさんのオーディオ掲示板(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:167/792 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

6GB8UL-PPステレオアンプ1号機改(8)

 投稿者:ニャ  投稿日:2016年 6月10日(金)05時16分13秒
  通報 返信・引用 編集済
  やっと1号機改が完成した。
作業は略終わっていたが最後になって伏兵が出て来て2日程テストを
して改善していた。
通電後2時間位でサーマルシャットダウンが起きる事が発生した。

一応ヒートシンクの温度が70℃になるとパイロットランプが点滅し
て凡そ1分後に出力が遮断されて音声が出なくなる様に設定してある
のだがパイロット点滅開始温度が低すぎるしシャットダウンが起きな
いので調べた処、制御回路のコンパレータの設計を見直して70℃で
性格に回路が作動する事を確認した。

次に矢張り2時間位でシャットダウンが起きるので空冷ファンの制御
回路の定数を見直して冷却効果を高めた。

1サイクル4時間掛けてヒートシンク、内部雰囲気温度を測定して最
終的にはヒートシンクの温度上昇がΔt=30℃に設定した。
雰囲気温度のΔtは25℃で収まる様である。トータル3サイクルで
12時間の試験と相成った。従って室温が30℃迄上がればヒートシ
ンクの温度は60℃迄上がる事になる。例えば安全保安法(PS法)に
そって考察してみるとPS法では室温の最高温度を35℃と規定してい
るのでヒートシンクの温度は65℃まで上がる事になる。
通常は室温は此処まで上がると真空管アンプで音楽を聴く気には成ら
ないだろうと思うが。

冷却ファンはヒートシンク温度が上がるとファンの回転数も上がり冷
却効果を高める様にファン回転数可変制御にしている。
尚、静穏対策としてファンはヒートシンクの温度が35℃迄は回転し
ない。

此の2台は自家用のTADの2ウエイスピーカのマルチ駆動用として使
う積もりだ。

写真は1号機改と2号機の運転テスト写真である。
 
 
》記事一覧表示

新着順:167/792 《前のページ | 次のページ》
/792