teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ニャさんのオーディオ掲示板(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:24/847 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

300BSステレオアンプの改造(20)

 投稿者:ニャ  投稿日:2020年 6月29日(月)08時57分38秒
  通報 返信・引用 編集済
  リレーが入荷したので交換して出力ミューティング回路が正常に動作する様に
なった。インラッシュ電流制限回路のリレーも300Bのフィラメントを点火す
るとミューティングリレーと同様に初動電圧が不足していたので之も交換して
OKであった。

+B電源用定電圧安定化電源(AVR)、-C電源用AVRも正常に動作する
事を確認出来た。プリント基板でユニット化するメリットはユニットを前以て
単体で動作試験出来る事である。本体に組み込んでからは動作の確認だけで良
い。

只今、アンプの動作試験中で有るが、1枚だけ写真を掲示して置く。
SPICEでのシミュレーションと実際のアンプのゲインの比較データである。
実測データが1dB程ゲインが大きいのはローカル負帰還の調整VRがゲイン最
大側になっているが、SIMでは中間値に設定されていた為である。

又、SIMの方が高域周波数特性が良いのは初段に微分補償が施されているが、
実機では未だ装着していない為である。

従って、以上の結果よ回路設計の出来合いの評価はりSPICEで十分である事が
分かる。上がSPICE、下が周波数特性分析器での実測グラフである。
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/847 《前のページ | 次のページ》
/847