teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ニャさんのオーディオ掲示板(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:19/847 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

300BSステレオアンプの改造(24)

 投稿者:ニャ  投稿日:2020年 7月18日(土)05時07分47秒
  通報 返信・引用
  アンプの測定データを順次公開掲示して行きたい。

画像データ(1)は周波数特性(広帯域)でLch/Rch共にf=135kHz以下では殆ど差が
無いので片チャンネル(Lch)のみ示す。
測定はNF社製FRA5095Aを用いて、データを正規化する為にアンプの入力に減衰器を介挿
している。

データ(2)は無帰還時の歪率vs出力特性である。
グラフ上ではシアンF=1kHz、緑:F=10kHz、黄:F=100Hzである。高域周波数では出力
段とドライブ段の歪の打消し条件が上手く無い様で歪が多い様である。

データ(3)はNFB=12dB掛けた時の歪率vs出力特性である。(仕上がりゲインの関係
で帰還量は決めている。)
グラフ上ではシアンF=1kHz、緑:F=10kHz、黄:F=100Hzである。
F=1kHz、100Hzは可成り低歪率に仕上がったが、F=10kHzでは無帰還時の特性を引きずっ
て多い様である。
 
 
》記事一覧表示

新着順:19/847 《前のページ | 次のページ》
/847