teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ニャさんのオーディオ掲示板(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:8/944 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Measuring Mic Ampの改造

 投稿者:ニャ  投稿日:2021年12月18日(土)11時52分12秒
  通報 返信・引用 編集済
  最近、リオンの1/2インチ測定用マイクUC-31を入手した。今まで持っていたUC-29とプリアン
プを兼用出来る様に考えていたが一応両方のマイクユニットに兼用出来る事が分かったので改
造を施した。

簡単にスペックを示すとUC-29は感度が-48.1dB(1V/pa、1/4-1/2変換器UA-12の感度込み)
であり、次にUC-31は-35.2dB(1V/pa)である。従って双方の感度差は12.9dBで有るのでマ
イクアンプ部のゲインはUC-31に合わせてUC-29を使用する時は、マイクアンプの出力段で
+13.0dBゲインを得る事で辻褄を合わせる事にした。(ゲイン設定はスイッチ式に成っている
ので、CCW(反時計廻り)からCW(時計廻り)14ノッチで+13.0dBとなる。

マイクの感度差とアンプのゲイン差が0.1dB有るが音響学的には誤差の範囲内として割り切る
事にした。

画像は(上)マイクユニットの写真(左がUC-31、右がUC-29)、(中)UC-31のスペック測定デ
ータ、(下)プリアンプのパネル、周波数特性図である。マイクアンプのゲインはA=29.2dBに
合わせてある。

之でUC-31使用時にスピーカからの音圧94dBSPL(1V/Pa)を受けるとマイクアンプの出
力-6dBVとなり市販の電圧計で音圧値を直に読むことが出来る。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/944 《前のページ | 次のページ》
/944